催眠のテクニックを恋愛に応用した実践マニュアル

あなたを魅力的な女性にする一瞬のしぐさメタファー

前の例は、言葉による暗示で男性の心理を刺激する方法でした。

 

次の方法は、言葉ではなく、一瞬のしぐさで男性の心を惹き付けます。

 

男性は本来性的な志向が強い動物です。

 

だから、女性にどんなに魅力があっても、合コンで「交際中に性的な行為はしません」などと言ったら、男性は女性を遠ざける可能性が強いと思われます。

 

もし、「自分も性的行為はしない」と発言する男性がいたとしたら、その人は紳士ではなく、精神面に問題のある不健康な人物と言えます。

 

「性欲は、食欲、睡眠欲と並ぶ、人間の三大欲のひとつ」です。

 

健康な男性なら年齢を問わず絶対に性欲はあります。

 

これから、健康な男性の心を一瞬にして女性に惹きつける方法を説明します。

 

催眠のテクニックですから、当然のことながら真正面から対峙するようなことはしません。

 

相手の心の無意識の状態に対してです。

 

また、「相手の意識に触れないようにしてこそ暗示というものの威力がある」のです。

 

以下の方法は、“潜在意識は集中している対象に自分を同化させて感じ取る”といった性質を利用したものです。

 

テレビ番組で、タレントが酸っぱい物を食べて表情が変わると、視聴者の口の中に唾液が出てきます。

 

これも番組の中のタレントに無意識が同化して感じる現象です。

 

このような現象を催眠では「メタファー」と言います。

 

メタファーは集中を繰り返せば繰り返すほど強化されて、強く自分と重ね合うこととなります。

 

では、この心理術を合コンで実行してみましょう。

 

合コンの会場のテーブル上には、ほとんどの場合飲み物があります。

 

これはと思う男性を見つけたら、飲み物の入ったコップの水滴を指で撫で上げてハンカチで指を拭きます。

 

たったこれだけのテクニックです。具体的表現をすると、コップを男性器とみなして下から上へと撫で上げます。

 

この時注意すべきことがあります。わざとらしくやらないことです。

 

逆効果になりますし、しつこく何回もやると変人だと疑われることがあります。

 

合コンに参加して、特定した女性との交際を考えている男性の深層心理には、エロチックな感情が存在しています。

 

そのような感情を有する男性の潜在意識は、性行為のそれと重なった女性のしぐさを見逃しません。

 

意識から見ればささいな一瞬の行為でも、無意識の領域には明確に存在しています。

 

なぜかと言うと、意識が見放したものは自動的に無意識の領域に入るからです。

 

「無意識の対応能力は意識の対応能力をはるかに超えている」ということを認識すべきです。

 

自分が普通の世間話中にでも、単に相槌を打っているだけでも、身振り手振りはメタファーになり、相手の無意識には魅力的な女性にうつります。

 

付け加えて言うと、「暗示という行為は、言葉であろうと身振り手振りであろうと、相手のその時の心理状態に合っていないと有効に作用しません」

 

相手が指を怪我して治療の真最中に、性的なメタファーを仕掛けても、心には影響を与えません。

 

と言うことは、そのメタファーが相手の心に合っていれば、それほど明確な行為でなくても、相手の無意識は自動的に作用するというわけです。

 

また、飲み物に何を選ぶかも注意すべきです。

 

もしも生ビールの大ジョッキなどを注文したら、さすがの無意識も自分の男性器とあまりにもかけ離れているので、想像しずらくなります。

 

少々細身のカクテルグラスなどが適当かもしれません。