催眠のテクニックを恋愛に応用した実践マニュアル

双方同時の愛撫を無駄にしない配慮をする

クリニングスは女性だけでなく、男性も快楽を味わっています。そもそも人間は、自分の野性的行為に性的興奮を求める動物です。

 

クリニングスをすることによって、お互いの行為が盛り上がるというわけです。

 

そのような時の首のだるさは、性的な快感を得るためにはマイナスでしかありません。

 

「クリニングスが開始したら、女性は男性が動きやすいように性器の角度を調整すべきです」

 

ただし、最初から準備せずに、行為が始ってから男性の動きやすいポーズに少しずつ変化するほうが、男性のほうも優越感に浸ることができるので一石二鳥です。

 

性器の角度にもよります。

 

ななめ上ではなく、足先のほうに向いていて、お尻が小さめで下付きの場合には、膝を抱え込んで性器の角度を上に向けるのも一方です。

 

羞恥心が増すかもしれませんが、試してみる価値はあります。

 

女性に取っては、羞恥心はあるかもしれませんが、男性から見るとエロチックであり、興奮度が増します。

 

このポーズはプラスの効果が多いのではないでしょうか。

 

ほかに、クリニングスの方法として、男性が仰向けになって女性の脚の中に頭を入れて行う方法もあります。

 

この方法だと男性の首の疲労度は少なくなり、性的な喜びを得る前にクリニングスをやめることは少なくなると思います。

 

もし、男性が自分の性的な喜びを得る前にやめたとしたら、それは、男性側の姿勢の負担はないのだから、女性側の反応が鈍いから、男性の気持ちが低下したということであると思われます。

 

 

また、シックス・ナインという方法もあります。

 

お互いが逆になって、性器を舐めあうというプレイです。

 

この場合、女性が上になることが多いようです。

 

ここでもまた、男性の首の疲労が問題になります。

 

女性上位ということは、性器の高さは女性次第です。

 

シックス・ナインが始ると、大部分の女性は、フェラチオに気持ちが集中して、自分のお尻の位置を調整しようとしません。

 

しかし、女性器の位置が高すぎると、男性は頭を持ち上げないと女性器を舐めることができません。

 

行為が長くなると首の疲労度は高くなります。

 

というわけで、シックス・ナインを行う際は、最初からペニスに集中せず、男性を見ながらお尻の位置を調整して、男性が頭を上下しなくても楽に舐められる高さまで下げてからフェラチオを始めるべきです。

 

また、少し太り気味の女性の場合には、性器の位置は高めになります。

 

この場合、行為に移る前に、男性の頭に枕を敷いてあげるのも一方です。このような、細かな心遣いが他の女性と差をつけます。