催眠のテクニックを恋愛に応用した実践マニュアル

好きな男性をどう呼ぶかで恋愛の将来が決まる

女性は好きな男性をどう呼ぶべきでしょうか?「〇〇ちゃん」「〇〇君」と呼ぶか、名前を呼び捨てにするか、呼び方はいろいろあります。

 

しかし、この多くの女性が意識していない男性の呼び方は、潜在意識の見地からすると、男女交際の将来に大きく影響します。

 

「相手の男性を何と呼ぼうが別にかまわない」と思う人もいると思います。

 

確かに呼びやすく、お互いが嬉しければいいのです。

 

しかし、問題は、女性が集まって好きな男性の話をするときです。

 

友人同士で好きな男性の話をするときの呼び方は、「その恋愛が継続するか、破局を迎えるかの重大な岐路」になります。

 

また、このことに気がつかない女性は恋愛を長期にわたって継続することができません。

 

周囲に恋愛が調子よくいかない女性、恋愛がすぐ破綻する女性がいませんか?

 

女性同士の会話の中に、「自分の男がね」とか「今日はヤツが迎えに来るから」などの文言がありませんか?

 

逆に、恋愛が好調の女性は、その場に好きな男性がいなくても、「〇〇ちゃんが」「〇〇君が」「自分が交際している男性は」などの口上のはずです。

 

それでは、なぜ本人が目の前に不在なのに、呼び方が恋愛に影響するのでしょうか?

 

交際が思うようにいかない女性は、少し厳しい表現ですが、友人同士での会話中に男性をバカにした呼び方をする女性の深層心理が表れます。

 

具体的には、「自分がある男性を好きなのではなく、その男性が自分のことを好きなの」といった建前を友人に理解してほしいといった下心です。

 

でも、「男性の下の女性はいや」と考える女性は、男性から見たらやはり可愛くない。

 

そして、男性をバカにした呼び方をする女性は、そんな女が可愛くないことを承知しています。

 

だから、女性だけの集まりの場では、男性をバカにした口上になります。

 

しかし、女性が男性の下心を敏感に察知するように、「男性も女性の下心を敏感に察知」しています。

 

ただ男性は、そのことをあまり表面に出そうとしません。

 

短時間なら心の中の秘め事にすることはできても、恋人同士では、長く接しているのですから、隠し通すことは不可能です。

 

疲労しているときや、安心しているときは、心理状態は無意識が優先し表面化しますから男性をバカにしている本心が早いスピードで伝わります。

 

そして、すこしずつ男性の気持ちは遠のきます。

 

女性が男性よりも一段下にいることは、外見上望ましくないのでしょうか?

 

それを望ましくないと思っている女性はいます。

 

女性が男性よりも上にいるか下にいるかはその時によります。

 

しかし、そのような問題について、好きな男性の前と友人の前で裏表の発言をする女性が望ましくない人物であるのは言うまでもありません。

 

どうしても友人の前では「〇〇ちゃんとか〇〇君と呼ぶことは、男性に対する劣等感の表れだ」という人は、「最初から恋愛とは何かという認識がない」のです。

 

男性は、生来の性質で、女性より優越感とでもいうか、一段上の存在でいたい存在です。

 

女性が人間としてレベルダウンしたくないのと同様に、男性もレベルダウンしたくないのです。

 

男性は女性に対して優越していることに喜びを感じます。

 

女性はそういう男性に共感して喜びを感じます。

 

そして、お互いの喜びを分かち合います。

 

これが理想の恋愛というものです。

 

まずは、友人の前で、男性を尊敬した呼び方をすべきです。

 

男性のいないところで男性の呼び方を変えるだけで十分です。

 

それが真の恋愛の受動態勢です。ここまでの準備態勢で、不思議と男性の意識も変わりますし、女性自身もさらに一歩深い付き合いに進むことができます。